ポイントを抑える

示談交渉に勝利をするためにもどこで攻撃ポイントかを考えておかないといけません。それを考えて求める示談の勝利をするようにしてください。ちなみに示談ですのでどのような落とし所を決めることも重要です。

示談においてどちらがどのくらい悪いかというのが重要になります。ですから、被害者であるこちらがどれだけ問題ないか、そして加害者がどれだけ問題があったかなどを示さないといけません。ですから、その攻撃ポイントが重要になります。例えば、被害者は信号が青信号、加害者は信号が赤で突っ込んできたと言ったポイントを抑えるようにしてください。弁護士に相談することでどこどう見ていけばよいか、ポイントを抑えることが出来るので相談をおすすめします。

示談交渉ですが加害者側が完全に悪いという状態ではない限り、基本的に被害者側にも責任があるとされます。実際事故にもよりますが完全に加害者が悪いという事故は少ないです。ですから、ある程度の落とし所用意するようにしてください。また、賠償金なども取れるだけではなく、ある程度の金額にすることで穏便に示談交渉を終わらせることが出来ます。しかし、相手に対して本当に容赦のない賠償を求めるなら裁判になるので注意です。その場合もポイントをしっかりと抑えて戦っていくようにしてください。

Pocket