ポイントを抑える

示談交渉に勝利をするためにもどこで攻撃ポイントかを考えておかないといけません。それを考えて求める示談の勝利をするようにしてください。ちなみに示談ですのでどのような落とし所を決めることも重要です。

示談においてどちらがどのくらい悪いかというのが重要になります。ですから、被害者であるこちらがどれだけ問題ないか、そして加害者がどれだけ問題があったかなどを示さないといけません。ですから、その攻撃ポイントが重要になります。例えば、被害者は信号が青信号、加害者は信号が赤で突っ込んできたと言ったポイントを抑えるようにしてください。弁護士に相談することでどこどう見ていけばよいか、ポイントを抑えることが出来るので相談をおすすめします。

示談交渉ですが加害者側が完全に悪いという状態ではない限り、基本的に被害者側にも責任があるとされます。実際事故にもよりますが完全に加害者が悪いという事故は少ないです。ですから、ある程度の落とし所用意するようにしてください。また、賠償金なども取れるだけではなく、ある程度の金額にすることで穏便に示談交渉を終わらせることが出来ます。しかし、相手に対して本当に容赦のない賠償を求めるなら裁判になるので注意です。その場合もポイントをしっかりと抑えて戦っていくようにしてください。

勝負は最初から

示談交渉ですが、これに勝つためにも情報が重要になります。そしてこの情報というのは早く知っておくことが良いのです。ですから、示談交渉は最初が重要になりますので注意してください。

示談交渉を行う上で情報が重要であり、その情報をどのように使っていけばよいかを考える時間というのが必要になります。ですから、弁護士に相談をしても遅いとろくな対策が出来なくて示談交渉を失敗してしまうということが多くあります。ですから、時間と情報が重要になります。弁護士に相談をするならお早めにするのが良いです。

弁護士に相談途中という場合は、示談に応じないようにしてください。示談は双方の同意が無ければ成立しません。ですから、成立さえしなければある程度時間を稼ぐことが出来ます。それでしっかりと弁護士を獲得して示談交渉を行うようにしてください。ただし、あまり多く時間を獲得できるわけではないので注意です。ちなみに、示談の応答ですが口約束でも成立する場合があります。また、書面での回答などは特に注意してください。成立してしまってはもう遅いので注意です。また、裁判などになった時に大きく不利になることがあります。

このように結構スピードが重要な場合があります。示談交渉をすることになった場合は負けないためにも注意しておくようにしましょう。

示談では負けたくない

交通事故の被害者になってしまったが示談交渉時になぜか損をするということが多くあります。それはある意味で「負け」です。当サイトではそういった「負け」をしたくない人のための方法を紹介していきます。上手く示談交渉に勝つようにしてください。

示談交渉に負けないためにもまずは知識と経験を獲得するのが良いですが、素人がいきなりそれらを獲得出来ることは基本的には出来ません。どうしても時間がかかります。そこで弁護士に相談をすると良いです。示談で負けてしまう主な原因が知識と経験が無いという点です。ですから、知識と経験がある弁護士に示談交渉を行ってもらうことで勝つ事ができるかもしれない状態になります。

弁護士に交渉を行ってもらうことで負けないようにはなりましたが、それでも勝てるとは言い切れません。それを勝てる状態にするためにも弁護士に情報を提供していく必要があります。いきなり交渉を行っても持ち札が無ければゲームが出来ません。ですから、情報というカードを弁護士に提供して交渉に勝てるようにしましょう。情報は被害者本人の交通事故の状態、特に相手が加害者であることを裏付ける情報を提供していくようにしてください。ちなみに、警察が調べた簡単な情報は簡単に獲得できます。それらを使って示談交渉に勝つようにしてください。

それと示談交渉に勝つためにもどのような勝利が望んでいるかを必ず弁護士に相談をしてください。そうしないと示談交渉の最終的な目標を見失いますので注意です。